« 2018年3月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年4月20日 (金)

 いよいよ水稲の種まきです。

 が、その前に準備がいろいろありまして...

 まずは苗箱を置く場所を平らにならします。トラクターで起こした後

20180420135460

 この道具で仕上げていきます

20180420135461

 要するにトンボってやつですね。

 そして根切りマットを敷きます。緑の線が入っている黒い網です。

20180420145660

 なんとなく緑の線が見えますよね?

 苗箱をはがすときに土があまりくっつかないのが便利なのと、根が長いままだと機械植えするのに不便なのです。 

 これで一旦育苗ハウスはおいといて、こんどは播種機の準備。

 種もみと土を播種機に投入して

20180420155461

20180420155460
 あとはひたすら機械にまいてもらいます。ただし、土の補充はセルフサービスとなっております。

 苗箱を育苗ハウスへ移動し

20180420180860
 並べて水をやったあとで、シルバーポリトウという銀色のフィルムをかぶせます。

20180420182460
 発芽までの乾燥防止や保温をかねています。

 最後に夜間の保温用ビニールをかぶせて終了。

20180420182960
 うちはわずか2反弱の水田なので、ここまで半日で終わってしまいますが、何町、いや何十町もやっている大規模米農家さんはこれどころの騒ぎではすみません。頭が下がります。

2018年4月 7日 (土)

 明け方雪が降って一面真っ白に。

20180407082160
 そんな朝、空港へ女の子、もといヒナを迎えに行ってきました。

 待ち合わせ場所は新千歳空港の貨物ターミナル。

 でも、簡単に現場には行けないのです。

 貨物ターミナルの出入り口で免許証を見せろだの入場記録を書いてくださいだのとやりとりののち、構内に入れてもらえました。

20180407092460

 許可証と構内での入構届を渡されました。これらは出口で返却します。

 今回のヒナは「ネラ」という種類で、飼うのは8年ぶりくらいになります。黒い毛の鶏ですが、たまごの色は「ボリスブラウン」と同じ茶褐色です。

 この孵化場(群馬)からヒナを仕入れるときは空港止めになるので、事前にどの飛行機で到着するか連絡があり、それに合わせて迎えに行きました。当日の到着がどうなるかわからないので早めに来ておいたのですが、待つこと数十分。段ボール箱が渡されました。あとはまっすぐ帰宅。

20180407101960_2

 これが初生ヒナ用の段ボールです。うまくできているものです。

 段ボールのフタをめくりました。空を飛んで長旅してきたけど、元気にしているかな?

20180407101931
 あとは育すう箱に入れていきます。

 最初のエサは玄米です。うちでは生後3日目までは玄米にしていて、4日目からヒナ用のエサに切り替えています。

20180407102809
 この子たちが産卵を始めるのはたぶん9月末か10月ぐらいになると思います。折を見て様子はまたアップします。

2018年4月 2日 (月)

 野菜苗がそれぞれ大きく育ってきています。

20180330163860_2
 ということで、まずはキャベツとレタスの苗を畑に下ろすことに。

20180402174360

 一昨日、風の弱い朝を狙って天井にビニールをかけました。 このハウスの中に植えていきます。

 キャベツの苗です。

20180402173260
 レタス類も。

20180402173321

20180402173339
 レタスは5月後半くらいから、キャベツは6月下旬くらいから出荷予定です。

« 2018年3月 | トップページ | 2018年6月 »

フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Twitter

無料ブログはココログ