« | トップページ | »

2017年10月 7日 (土)

 稲刈りできるかどうかやきもきしていたここ一週間ほどでしたが...

 一昨日。

20171005084660
 外から見ると収穫してくださいとばかりに黄金色に輝いていたのですが...

 問題は

20171005083960

 そうなんです。足元がぐちょぐちょ。

 田んぼの水を落としてから、台風やらゲリラ豪雨(にわか雨だったけど)やらで3回も大雨にあたってしまい、全然下が乾かなかったのです。

 周囲の田んぼを見回しても、例年ならたいがい9月末か10月あたまでほぼ刈り終えているのが、その時点でまだ半分以上も残っているような雰囲気だったのもそれを物語ります。

 それでも、コンバインだったら足元がクローラーなので、普通の米農家なら多少ぬかるんでいようが、刈り取りしてもどうにかなる(というか、どうにかしてしまう)のですが、うちは天日干しをするためにコンバインは使いません。バインダーという刈り取り専用の機械を使うのですが、これがふつうのタイヤだから(沈みにくいように多少幅広だけど)、ぬかるんでいると沈んでしまうのです(泣)

 実際、昨年はバインダーが一度沈んで動けなくなっています。

 http://hyakusho.cocolog-nifty.com/neuie/2016/10/post-d18f.html

 かといって、10月二桁になれば気温がどんどん下がり、なお乾かなくなるので、手刈り覚悟で今日明日にはやらないと、と思っていました。

 そこで昨日の午後、バインダーの試運転を兼ねて試し刈り。

20171006143260
 ぬかるみに入って手刈りして、そののち外周ふたまわりだけバインダーで刈ってみたけれど、これはバインダーで刈り取るのは難しいんじゃないかなぁ、という感じでした。

20171006165460
 鏡になっていますもんね。

 とはいえ、昨日は晴れ時々曇りでわりとからっとしていたので、わずかでも乾くことを期待して、できるだけ手刈りしないでやれるところまではやるしかない、と思い今日を迎えました。

 が、そこに立ちはだかったのが雨予報...。

 でも、小雨決行と決めていたので、稲刈り開始。ご近所さんにも手伝ってもらいました。感謝。

 最初、ぬかるみのひどい端のほうを手刈りしてのち、バインダーで進入。

 小雨が降りしきる中、どうなることかと思いましたが...

20171007161160
 なんとかなりました。途中までは。

 でも、田んぼの真ん中にもヘドロ沼のような所があって、

20171007165560
 さすがにこれ以上は無理、ということで今日はここで断念。

 それでも8割方刈り取ることができました。

20171007165561
 続きは明日。晴天になるらしいので、できれば手刈りしないで終えたいんだけど、どうなるでしょうか。

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »

フォト
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Twitter

無料ブログはココログ